読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隆のアレやコレやの話題

アレやコレやの話題…いろいろ

ゆったりと入れる2ヶ所の大浴場と、絶景が楽しめる露天風呂、和テイストの野天風呂があります。

欧州・中東向けの乗用車用タイヤを生産するブリヂストンは、安全が確保されるまで、日本からトルコ全土 への渡航を当面自粛する。
同社は現在、280億円を投じて2カ所目の工場を建設中。
2018年に稼働する予定で、現時点で投資計画に変更の予定はないという。
地理的に近い欧州などへの輸出拠点としてトルコを活用する日本企業は多い。
トルコに進出している日本企業は100社以上。
外務省によれば15年の日系企業の拠点数は11年に比べて5割近く増えた。
トヨタ自動車はクーデターを受けて、トルコ西部で運営する小型車カローラなどの工場を一時停止した。
社員の安全確保や情勢分析を優先。
日本人社員と家族、出張者の無事を確認し、約4000人の現地社員についても被害などの報告は入っていないという。
このため、現地時間の16日夕には生産を再開する方針だ。
同社は2015年にカローラとミ ニバンヴァーソを計11万6000台生産。
7割は欧州などに輸出した。
関連ビジネスも広がる。
川崎汽船トヨタなどの完成車の海上輸送を手掛ける。
トルコで生産された完成車を専用船で欧州などに運ぶ。
港湾は政治的な影響を受けやすいことから、積み出し港の封鎖などを懸念する。
邦銀もトルコでのビジネスを拡大している。
国際決済銀行によると、日本の金融機関のトルコ向けの与信残高はスペイン、フランスなどに次ぐ7位。
三菱東京UFJ銀行は現地法人を設立し、60人規模で営業する。
取引は主に日系メーカーのため、政情不安が直ちに貸出業務への大きな打撃にはならないとみられる。
近隣国と異なり天然ガスや石油資源に恵まれていないトルコでは原子力発電所の建設計画も 多い。
三菱重工業はトルコで原発建設プロジェクトを受注する見通し。
本日のインフォーメーション、「和倉温泉の加賀屋」についてのお友達サイトをご紹介します。
和倉温泉加賀屋
女性用大浴場の「辨天の湯」ではゆったりと入れる2ヶ所の大浴場と、絶景が楽しめる露天風呂、和テイストの野天風呂があります。
もちろん女性用お風呂では、外から見られないように配慮されているので、入浴中も安心して景色を満喫できます。
それからもう一つの「花神の湯」はまるで竜宮城。
非日常の空間を楽しんじゃいます。